クロールでキックはしたくない
f:id:suisuihirahira:20180210184007j:plain

「もっとキック打て!」
クロールの選手ではない私でも
そう言われ続けて来ました。

ですが、実際クロールは
キックをしなくても良い種目です。
失格にはなりません。

だからこそキック嫌いからすると
「最低限で良い!」と思ってしまうのです。

f:id:suisuihirahira:20180212165235j:plain
そこで今回は
「いかにキックに頼らず速く泳ぐか」
について考えていきたいと思います!

 

クロールは「8割」腕で進む
f:id:suisuihirahira:20180215123234j:plain

「腕が8割」
「腕が6〜8割」
「実は腕が9割」

水泳に関する本やサイトを見てみると
ほとんど同じ様な事が書いてありました。

水泳を始めたばかりの方なら
キックに気を使うのは分かりますが
(下半身が沈んでしまうから)

f:id:suisuihirahira:20180215162544j:plain

キックを最低限打てば
沈まずに泳げるレベルなら
腕に頼るべきではないでしょうか?

どうやら
腕力に頼る泳ぎは間違っていなかった様です。

 

ストロークの効率を上げる方法
f:id:suisuihirahira:20180209001052j:plain

クロールは背泳ぎ同様
ストロークの回転が早いです。

1回の推進力そう大きくはないですが
何百回と繰り返せば大差になります。

1ストロークの推進力で
勝負が決まるでしょう。

どうすれば
1ストロークの推進力を上げる事が出来るか
まとめました。

 

f:id:suisuihirahira:20180210184225j:plain

※「意地でもキックしたくない!」
そんなスイマーは必見ですよ!!

 

①遠くの水を「キャッチ」する
なるべく遠くの水を捕らえましょう。
(水を押せる距離が長い=1ストロークの効率が良い)

 

②「プル」は肘を曲げて行う(肘を立てる)
腕が伸びきっていると力が入りません。
筋肉はある程度縮んでいる時こそ
一番力が出せるのです。

 

③「フィニッシュ」は身体の近くで行う
腕が身体から遠ざかってしまうと
力は出にくくなってしまいます。

 

1ストローク毎に
①②③を意識して練習して下さい!

 

(ネタバレ)単純に腕力があると有利
f:id:suisuihirahira:20180215163111j:plain

上記の方法は
腕力があればあるだけ
効果が倍増します。

よって、1ストロークの効率を上げるのと同時に
筋トレも欠かさずに行って下さい!