水泳の中でも一番きつい
f:id:suisuihirahira:20180214132644j:plain

Fly(フライ)の名の通り
上体を水面に出して飛ぶ様に泳ぐ泳法です。

左右の腕を同時に使う為
ストロークの加速度は
四泳法中トップ。

ダイナミックな見た目に比例して
エネルギーの消費も
四泳法中トップです。

f:id:suisuihirahira:20180214144603j:plain
つまり、
スタミナがないと即バテます。

ストローク数を減らす為のコツ

f:id:suisuihirahira:20180215123234j:plain

重要なポイントを
ものすごく簡単に
まとめました!

クロールと共通点が多いです!

①キャッチ
腕を遠くまで出しましょう。
(横に広げすぎない様に注意!)

②プル→フィニッシュ
肘を曲げつつ(肘立て)身体に沿って
一直線に水を掻きます。

③リカバリー
ここにエネルギーを使うべきではありません!
なるべく低い位置で腕を前に戻します。

 

f:id:suisuihirahira:20180209010547j:plain

「少し泳いだらすぐ腕が疲れる」
というスイマーは
特に③を意識して練習してみて下さい。

 

水泳で一番辛くて大変できつい種目

f:id:suisuihirahira:20180215123723j:plain

一番過酷な競技種目は何か?

泳法、距離などから見て
200Mバタフライ
だと私は考えます。

そんな過酷なバタフライです。

f:id:suisuihirahira:20180215124247p:plain
200Mフルでストロークしていたら
腕が持ちません。

125Mを過ぎた辺りから
自分の意思とは関係なしに
腕は上がらなくなります。

f:id:suisuihirahira:20180215124047j:plain
それを防ぐ為に
必要不可欠なのが
ドルフィンキックです。

ドルフィンが出来ないと2つ損する

f:id:suisuihirahira:20180214165841j:plain

腕は使えば使うだけ
加速も出来ますが
その分の消費も大きいです。

対してドルフィンは
最小の動作で
最大の泳速を出す事が出来ます。

f:id:suisuihirahira:20180214144937j:plain
つまり、ドルフィンの利点は

・体力(腕力)の温存
・壁を蹴った力による高速泳法

この2つです。

15Mギリギリまでは
ドルフィンで温存しつつ

15Mを超えたら
温存していた腕力を存分に使う

この使い分けが出来ると
効率の良さはピカイチです!

スタミナがないと実践出来ません!

【平泳ぎやクロールに関してはこちらの記事もおすすめです】
【初心者向け】平泳ぎが上達する5つのコツと泳ぎ方。水泳のプロが徹底解説します!
【初心者向け】クロールのコツと泳ぎ方!3つのコツと泳ぎ方をプロが徹底解説