水泳のスタミナをつける最適の方法

f:id:suisuihirahira:20180215123234j:plain

結論から言います。
水泳のスタミナをつけるには
クロールが一番です。

クロールはとにかく万能です。
得意種目がフリー以外の種目の方でも
クロールを使いこなせれば
スタミナはつきます!!

この機会にクロールについて
振り返ってみましょう!

スタミナは「質」より「量」で作る

f:id:suisuihirahira:20180213143852p:plain

①精神的ハードルが低い
あなたは普段プールに飛び込んで
最初に何を泳ぎますか?

メニューが決まってない場合
クロールを選んでいませんか?

今度、チームメイトの何人が
最初にクロールで泳ぐか観察して見て下さい。

ほとんどがクロールだと思います。
それはクロールが四泳法の中でも
一番泳ぎやすいお手軽な種目だからです。

バタフライや平泳ぎは気が重くても
クロールならスタートしやすい
これは重要な要素です。

f:id:suisuihirahira:20180209003548j:plain
②四泳法中最速である
クロールは他の種目に比べて
泳ぎ自体の消費体力が少なく
スピードも出やすいです。


スピードが出ると
リズムに乗れます。

「きついメニューでも
 ある程度のタイムはキープしている」
そんな経験ありませんか?

それはリズムに乗れているからです。
一番リズムに乗りやすいのはクロールなのです。

f:id:suisuihirahira:20180213144141j:plain
③他種目より量をこなせる

クロールは省エネかつ最速です。
短いサークルで多い本数をこなせます。

ここがミソです!
細かい事を考える必要もなく
ひたすらに泳ぎこむ事が可能です。

手取り早くスタミナをつけたい!

でしたら
クロールで量をこなして損はありません。

 

スタミナをつけるメニュー

f:id:suisuihirahira:20180210182437j:plain

省エネで最速が出せるという事は
手を抜いてもある程度スピードが出せる
という事です。

中途半端な強度のメニューをこなしても
「スタミナをつける」
という目的に対し不十分です。

強度が高いメニューを
こなす必要があります!

オススメなメニューの条件は

・サークル→レストが多すぎない程度に楽(多くても30秒以内)
・距離→(長くても100M程度)
・制限タイム→無し
・本数→セットで分けて1セットは少ない

「リズムに乗りやすいメニュー」
を設定する事が重要です!

そして
必要なマインド(心構え)はただひとつ。

f:id:suisuihirahira:20180209010422j:plain

「死ぬほどとばす
これだけ。

後のことは考えなくて良いです。


よってこのメニューは
クールダウン直前に行うのが
もっとも好ましいでしょう!

例えば!
私が学生時代、大好きだったメニューは

(100M×5)×3

サークル
1→1”30
2→1”25
3→1”20

セットレスト
1”00

この様な感じです。

「全く同じのをやれ!」
と強制している訳ではありません。

ご自身のレベルに合わせて
作り変えて実行してみて下さい!

泳速はスタミナ強化に関係ない

f:id:suisuihirahira:20180209010547j:plain

スタミナに実力は関係ありません。
タイムと違って目に見えないものですから
基準は各々違います。

トップスイマーと自分を比べて
「自分はダメだ」
となる必要は全くないのです。

あなたにとっての基準で構いません。
クロールを最大限上手に使い
スタミナをつけて下さい!

【こちらの記事はよく読まれています】
【初心者向け】平泳ぎが上達する5つのコツと泳ぎ方。水泳のプロが徹底解説します!
【初心者向け】クロールのコツと泳ぎ方!3つのコツと泳ぎ方をプロが徹底解説