※「水泳は努力しても裏切られる」
こんな風に
ちょっぴり冷めた考えを
してしまうスイマー向きです。

「努力は君を裏切らない」が嫌いだったスイマー
f:id:suisuihirahira:20180212164624j:plain

「努力は君を裏切らない!」
中学生の頃、教室に張り紙されていた標語です。

「何言ってんだこいつ・・・」
当時はこう思いながら眺めていました。

「散々練習をしてもベストは出ない」
「自分より練習が出来ない友達の方が
 ポンポンベストを更新していく」

そんな苦い思いを経験していた私には
この標語は嘘としか思えなかったのです。

f:id:suisuihirahira:20180209002714j:plain

「努力は平気で自分を裏切る」
そう思い込んでいました。

ですが、数年後、「努力は君を裏切らない」は
間違っていないと思い知る事になります。

 

間違った努力は報われない
f:id:suisuihirahira:20180209185934p:plain

私は中学生の時も
練習→レース→失敗
というサイクルを繰り返してまいした。

何度挑んでもベストは出ず
ほとほと嫌気がさしていました。

このベストが出なかった時期
私の目標は100M平泳ぎで
全国大会の標準記録を突破する事です。

その為の課題は
「後半のスタミナを強化する」
でした。

f:id:suisuihirahira:20180209001052j:plain
でも実際に私が力を入れていたのは
前半のダッシュ力だったのです。
(当時の練習ノート参照)

そう。
間違っていたのは努力の方向性です。

目標に合った努力もしていないのに
目標が達成出来ないのは当たり前です。

当時はそんな事全く考えていませんでした。

出来る事なら当時の自分に
こう叫んでやりたいです。

f:id:suisuihirahira:20180212164914j:plain

「馬鹿野郎!
 裏切ってるのはお前だろ!」

 

正しい努力は報われる

f:id:suisuihirahira:20180212164952j:plain
きっと目標からしたら
「私(目標)はずっとここにいるのに・・・」
「そっちに進んでも私(目標)はいないよ!」
こう言いたかった事でしょう。

私が気づくのはだいぶ後の話ですが・・・
努力に裏切られたくないと思っているなら
以下の手順を守って下さい!

f:id:suisuihirahira:20180209003548j:plain
①目標を具体的に書く
練習する目的を具体的にイメージ出来ないと
達成する事は難しいです。

例→100Mで○秒を出す

f:id:suisuihirahira:20180209003229p:plain
②目標達成に必要な事を書く
「これをやれば達成出来る!」
という部分がハッキリしていると
目標が更に具体的になり
「達成出来る!」と現実味を帯びます。

例→「後半のスタミナを強化する」

f:id:suisuihirahira:20180212165235j:plain
③具体的に何をするべきかを書く
②を具体的な行動に起こす為に必要です。

例→サークル系のメニューを頑張る

以上3つの手順を踏んでから
練習に望んで下さい!

努力を間違えてはいけない
f:id:suisuihirahira:20180210183132p:plain

この世のほとんどの「目標」は
努力するだけで達成出来ます。

厳しい事を言うようですが
今どうしても達成出来ない目標があっても
それは単に努力不足か
努力の方向が間違っているだけです。

「こんなに努力してるのに・・・」
と悲観するのではなく

f:id:suisuihirahira:20180209185244j:plain

「他の方法を考えよう!」
と視点を変えてみて下さい!