※今回のブログは
普段あれだけキック嫌いって言っていた癖に
『キックの重要性について』書いています!
どうか大目にみて下さい。

バタ足キックが進まない!

f:id:suisuihirahira:20180213143852p:plain

今回はフリー(クロール)の話です

私はキックが嫌いです。
特に嫌いなのはバタ足キック。

ブレストキックの方が
圧倒的に速く泳げます。

私よりバタ足キックが速い人は
たくさんいました。

f:id:suisuihirahira:20180213143803j:plain
ですが、その人達が全員が
スイムで私より速いかと言うと
必ずしもそうではなかったのです。

私はプルが得意でしたから
その影響もあるのでしょうが
それだけではありません!

泳ぎにおいてキックは「土台」

f:id:suisuihirahira:20180213150614p:plain

クロールにおける推進力は
プルとキックで
8:2と言われています。

この数字だけみると
キックはいらない様にも
思えてしまいますが
キックの役割は
推進力だけではありません。

f:id:suisuihirahira:20180213150716j:plain

キックの重要な役目は
「姿勢保持」です。

水中には支えがありません。
キックがないと
下半身は沈みます。

下半身が沈んだまま泳ぐと
水の抵抗が増えます。

f:id:suisuihirahira:20180213150918j:plain
自分の体を浮かし
水の抵抗が少ない姿勢で泳ぎ続ける為に
キックが必要なのです。

キック嫌いな私にとって
キックは推進力よりも
姿勢保持の為のものです。

私の様にキックが大嫌いなスイマーでも
プルと組み合わせる事によって
推進力を生み出す事は出来ます。

f:id:suisuihirahira:20180210183132p:plain
キックが大嫌いな方は
プルに頼って泳ぎつつ
「プルをもっと上手く使う為に」
キックを鍛えてはいかがでしょうか?

キックの効率を上げる為に

f:id:suisuihirahira:20180210183712p:plain

キックはプルの補佐程度ですから
余計なエネルギーは使いたくないですよね?

最小限のエネルギーで
最大効率のキックを打つ為に
明日の練習から次の二点を意識して下さい!

①水面近くで水を蹴る

・姿勢がフラット(まっすぐ)になる
水の抵抗を受けにくい姿勢になります。
バタキックの基本です!

②内股にする

・骨盤が締まる
内股にすると骨盤が締まります。
力を出しやすい状態です。

・キックのポイントが集中する
左右の足が開いてバラバラにキックをしていると
力が分散して推進力に繋がりません。
一点集中でキックを打ちましょう!

キックが遅い原因

f:id:suisuihirahira:20180213151143g:plain

体が硬い人は
キックが苦手な人が多いです。

理由は足首にあります。
足首の柔らかさは
バタ足キックに欠かせません。

ここが柔らかければ足全体をしならせなが
しっかりと水を捉えて蹴る事が出来ます。

つまり、足首を柔らかくすると
キックの効率も上がるという事です。

その為に継続して欲しいのが
足首のストレッチです!

【こちらの記事はよく読まれています】
【初心者向け】平泳ぎが上達する5つのコツと泳ぎ方。水泳のプロが徹底解説します!
【初心者向け】クロールのコツと泳ぎ方!3つのコツと泳ぎ方をプロが徹底解説