ターンでスピードを殺さない

f:id:suisuihirahira:20180215161717p:plain

競泳における「ターン」とは
方向転換の動作を指します。

それまで泳いで高めたスピードを
出来るだけ減速させずに
方向転換出来るか?

そこが勝負なワケですが・・・

ターンに限らず
こういった細かいテクニックは
軽視されがちです。

「泳ぎこんだ方が速くなれる!」
ある程度のレベルまでは正解ですが・・・

f:id:suisuihirahira:20180214165841j:plain
「もったいない・・・」
の一言に尽きます。

ターンでのロスを無くせば
あなたの実力はレースで120%発揮され
望んだ結果が手に入るというのに・・・

血の滲むような努力が
こんな細かい部分で無駄になって
悔しい思いをするのは
他でもないあなた自身です。

f:id:suisuihirahira:20180215153408j:plain
トップ選手になればなる程
細心の注意を払っています。

あなたも今から
トップ選手と同じ思考になりましょう!

 

長水路好き」は「ターンが苦手」多し

f:id:suisuihirahira:20180215154454j:plain

ターンの回数は

・種目
・プールのタイプ

によって大きく変わります。

その回数はご覧の通りです。

1500M種目
短水路59
長水路→29回

800M種目
短水路31
長水路→15回

400M種目
短水路15
長水路→6回

200M種目
短水路
長水路→3回

100M種目
短水路
長水路→1回

50M種目
短水路
長水路→0回

長水路のレースは
短水路の半分の回数で済みます。

ターン嫌いのスイマーからしたら
「救い」に感じるかもしれませんが

f:id:suisuihirahira:20180209010547j:plain
ほとんどの種目で
必ず行う動作です。

 

ターンのコツは「数点同時稼働」

f:id:suisuihirahira:20180215155258p:plain

いくつもの動作を同時にこなす事によって
それぞれの動作が作用し合い
効率が上がり速度が上がります。

ターンでモタついて
リードを取られない様にしましょう!

 

f:id:suisuihirahira:20180215123234j:plain

クイックターン

①腕
ターン前の最後の1掻きは
水を自分の方に抱え込む様にする。

②頭部
真下を見て頭を沈める。
(重い頭部を加速に利用する)

③脚
膝を曲げる。
(伸ばしたままだと加速がつかない。)

注意点!
壁から遠い位置から回り始めてしまうと
「回転後に足が壁についていない」
など致命的な状況になってしまう。

 

f:id:suisuihirahira:20180215155443j:plain

・タッチターン

①肘
タッチ後に真後ろに引く
(肘打ちをする様に)

②頭部
壁と反対方向に倒しこむ
(水面から上げ過ぎない)

③脚
上半身に引き付ける様にして曲げる
(この時上半身は壁の反対へと倒し込んでいる)

注意点!
動作が大きくなりすぎると速度が鈍る為
「コンパクト」にまとめる意識を持つ事。

 

意識を分散させてターンをスムーズに

f:id:suisuihirahira:20180215155616j:plain

上記の様に
いくつかの動作を同時に行うには
意識を分散させる事が必要です。

ですがいきなりそれをやれ
と言っても中々難しく・・・

まずは「1つの動作」を
完璧に理解しましょう!

1つの動作を適当に練習するのではなく

f:id:suisuihirahira:20180212134120j:plain

100回やったら
100回同じ動作が出来る様にしましょう!

組み合わせて練習するのは
それからでも遅くはありません!

比較的上半身の動作の方が上手くいき
下半身の方がコントロールが難しいです。

組み合わせて練習する時は

上半身:下半身
  4:6

f:id:suisuihirahira:20180215155819j:plain

下半身の動作に意識を傾けてみて下さい!

※平泳ぎやクロールに関してはこちらの記事もおすすめです。
→ 【初心者向け】平泳ぎが上達する5つのコツと泳ぎ方。水泳のプロが徹底解説します!
→ 【初心者向け】クロールのコツと泳ぎ方!3つのコツと泳ぎ方をプロが徹底解説