1レース最大60回やらされる蹴伸び
f:id:suisuihirahira:20180215151024p:plain

正解は蹴伸び(ストリームライン)

 

少ないケースでは
1レースたった1回ですが・・・

 

裏を返せば
どんなレースでも必ずあります。

 

飛び込んだ・壁を蹴った後に
必ずとる姿勢です。

 

f:id:suisuihirahira:20180214144323j:plain
競泳において
スピードが一番つく場面でもあります。

 

「すぐ泳ぎだすんだから別にいい」
ここを適当に済ましてしまうと・・・

 

「0.01秒の差で負けた」
なんて事になりかねません!

 

 

一回のロスは小さくとも・・・
f:id:suisuihirahira:20180214132327j:plain

1レースでどれだけ蹴伸びをするの
まとめてみました。

 

※毎回、0.01秒の遅れが発生すると仮定して
計算してあります。

 

1500M種目
短水路→60回(25M×60)0.60秒
長水路→30回(50M×30)0.30秒

800M種目
短水路→32回(25M×32)0.32秒
長水路→16回(50M×16)0.16秒

400M種目
短水路→16回(25M×16)0.16秒
長水路→8回(50M×8)0.08秒

200M種目
短水路→8回(25M×8)0.08秒
長水路→4回(50M×4)0.04秒

100M種目
短水路→4回(25M×4)0.04秒
長水路→2回(50M×2)0.02秒

50M種目
短水路→2回(25M×2)0.02秒
長水路→1回(50M×1)0.01秒

 

 

距離が長くなればばるだけ
当然回数も増えます。

 

しつこい様ですが
必死に泳いだ最後の最後
標準記録に届かなかったのが

 

f:id:suisuihirahira:20180215151314j:plain
蹴伸びが原因の
こんなわずかな差だとしたら・・・

 

あなたはどう思いますか??

 

 

タイムを縮める一番簡単で重要な要素
f:id:suisuihirahira:20180215151024p:plain

①水中で行う

水面で行うと無駄な波を作ってしまい
余計な抵抗にぶつかってしまう。

  

②上半身を沈める

しっかりと顎を引く。

下半身が沈んでいると
正面から来る水にぶつかる面積が増えてしまう。

 

 f:id:suisuihirahira:20180215151342p:plain

 ③水とぶつかる面積を出来るだけ小さくする

腕や足は真っ直ぐ伸ばし
水にぶつからない様意識する。

頭部と肩の隙間を作らない様
耳の裏に腕を固定する。

 

 

立って出来る蹴伸びの練習
f:id:suisuihirahira:20180215152008p:plain

突然ですが今すぐ立って下さい!

 

立って頂けましたか?
ありがとうございます!

 

そのまま
蹴伸びの姿勢をとって下さい!

 

f:id:suisuihirahira:20180213144527j:plain

意識してほしいポイントを3つお伝えします。

 

・お腹を引っ込める

・お尻を締める

・内股気味にする

 

水中で身体をまっすぐに
保つ為に必要な要素です!

 

イメージを掴んだら
練習でも忘れずに取り入れましょう!