「一回のミスで終わり」ってクソみたいな価値観
f:id:suisuihirahira:20180402135756p:plain

「何か1つミスったらもう負け確定」

そんなスタンスで泳いでるなー

というスイマーを嫌ほど見て来ました。

 

前半型の選手が後半に追い抜かれて

焦って泳ぎを崩す。

 

後半型の選手が前半で差をつけられ

諦めてしまう。

 

完璧主義者な方程

「一回ミスったら終わり」という価値観が根強いです。

 

f:id:suisuihirahira:20180516222458j:plain

ですが、ミスを恐れる完璧主義な考え方は

水泳に、スポーツに向いていません。

 

勝負で結果が重要なのは確かですが

結果にしかフォーカスしない戦い方では

結局勝つ事は出来ません。

 

f:id:suisuihirahira:20180319153954j:plain

もしもミスもを自分を焚きつけるための材料に出来たら

そのスイマーは最強だと思いませんか?

 

本当に失敗は悪なのか?
f:id:suisuihirahira:20180516222538p:plain

何事もなく、予定調和で勝利して結果が出ても

学べる事はあるでしょう。

 

しかし、人間の脳は成功よりも

失敗から学ぶ事の方が遥かに多いです。

 

失敗をすると

その時使われた脳の回路に電気信号が流れにくくなり

以前よりも失敗しにくい脳に生まれ変わります。

 

f:id:suisuihirahira:20180308224412p:plain

「毎回失敗をしている」人程

脳がアップデートされていくのです。

 

最初から失敗するつもりで臨んでした失敗には価値がありません。

あくまで「本気で勝ちにいった結果の失敗」のこそ価値があります。

 

どんなに怒られても遠慮なく失敗をしましょう。

本気の結果の失敗には価値があります。

f:id:suisuihirahira:20180516222725j:plain

レースと一緒で、最後の最後、

タッチで相手を差せれば

0.01秒でもベストが出れば良いのです。

 

In bocca al Iupo!
f:id:suisuihirahira:20180516223221p:plain

イタリアの格言にこんなものがあるそうです。

意味は『狼の口の中へ』

 

レースは「抜かれた時から」が本番です。

抜かれた時に「もうダメだ!」と感じる人。

「バトルが始まった!!!」と感じれる人。

 

諦めて負ける未来を想像しては

本来勝てる筈の未来が変わってしまいます。

 

試合とは

平然に始まって平然に終わるものではないです。

 

f:id:suisuihirahira:20180516223359p:plain

ほとんど計画通りに行くことはありません。

まさに「狼の口の中」の様に荒れに荒れるものです。

 

荒れ具合を楽しめる

タフさを身につけた者が強いのです。

 

あなたもレース中に

想定外のピンチに陥ることがあるでしょう。

 

そうなった時

この言葉を思い出して勝ちを獲りにいって下さい!

 

f:id:suisuihirahira:20180516223521j:plain

狼の口の中へ』!!

 

頭の中から英雄になれる本
f:id:suisuihirahira:20180402141033j:plain

今回のブログは99%

この本の内容を参考にさせてい頂きました。

スイマーに限らず、一度は読んで頂きたいです!

 

機会があればあなたもこれを読み

「英雄」の考え方を身につけて

レースに活かして下さい!

 

宜しければどうぞ!

本当にオススメですよ!

【こちらの記事はよく読まれています】
【初心者向け】平泳ぎが上達する5つのコツと泳ぎ方。水泳のプロが徹底解説します!
【初心者向け】クロールのコツと泳ぎ方!3つのコツと泳ぎ方をプロが徹底解説