誰しもが長水路でベストを出したい

f:id:suisuihirahira:20180703111652j:plain

「短水路ならそこそこ泳げるけど

 長水路でベストが出ない・・・」

「長水路が苦手・・・」

「スタミナが持たない・・・」

「精神的にきつい・・・」

etc…

長水路の方が短水路より偉い!

なんて馬鹿な事は決してありません。

でも4月から夏にかけての主要な大会は

f:id:suisuihirahira:20180726123849j:plain

・日本選手権

・JAPAN OPEN

・県高校

・県中学

・関東高校

・関東中学

・インター杯

・全国中学

・関カレ

・JO

・インカレ

etc…

圧倒的に

長水路が多い。

f:id:suisuihirahira:20180703110859p:plain

上を目指していきたいのなら

「長水路はNG!」

なんて事は言ってられません!

長水路でベストを出す為に

最も必要なたった一つの事は・・・

f:id:suisuihirahira:20180819204315j:plain

長水路に慣れること!

「たったそれだけ?」
いえいえバカに出来ません。

そもそも

レースの為に練習しているはずが

いざ本番になったら

全く別に環境で泳がされる。

しかも慣れる時間は朝のアップのみ。

そして基本混んでいるので

中々50mストレートで泳げない。

f:id:suisuihirahira:20180726123711j:plain

これ、考えると恐ろしい事ですよね。

心と体を長水路に慣らす
f:id:suisuihirahira:20180215123915p:plain

長水路のきつさの原因

①肉体の原因

短水路と全く同じペースで泳いで

最後まで持つならそれで良いですが

大多数はそうは行きません。

なるべくきつくないペース配分や

泳ぎを知っておかないと

肉体的に限界がきてしまします。

②精神的原因

長水路は壁までの距離が長い分

精神的にきつい時間が長いです。

その長さに慣れておかないと

本番で心を折られてしまいます。

これをやれば安心!長水路対策!

この2つの原因の対策を挙げます。

①長水路を想定して泳いでおく

長水路は泳いでいる時間が長い分きつい。

きついと後半のスピードは落ちがちです。

普段の練習から

長水路の後半を意識しておきましょう!

f:id:suisuihirahira:20180703111025j:plain

【ペース】

「前半から全力!」ではなく

「後半に向けて加速!」

の意識で泳ぎましょう。

・ビルドアップ

・ネガティブ

・ディセンディング

まさに長水路対策!

f:id:suisuihirahira:20180426143128j:plain

【泳ぎ方】

前半は大きくストロークで

泳ぐのが基本です。

ストロークが大きいと

エネルギーの消費も抑えられます。

一方

小さいストロークはテンポが速く

エネルギーの消費も早いです。

同じ距離を進んだとしても

エネルギーの消費が全く違うのです。

練習では

『大きな泳ぎで

 後半に向けて加速』

この意識で泳いで下さい!

f:id:suisuihirahira:20180819204631j:plain

②長水路のプールに通う

これは単純明快な答えです!

試合が近づいてきた日のOFFを利用して

長水路のあるプールに泳ぎに行きましょう。

混んでいることもありますが

試合当日の朝のアップよりは

はるかにマシな状況です。

ストレートで泳げる事も多いので

レースをイメージして

『後半に向けて加速する』

を何本か行いましょう。

※あくまで精神的に

長水路に慣れる事が目的なので

きつくなるまでやる必要はありません!

 

とにかくまず行ってみる
f:id:suisuihirahira:20180819204807j:plain

今すぐ最寄りの

長水路プールを検索し

明日、足を運んで下さい!